Menu

アプリケーション

血管新生

IncuCyte独自のソリューションと高度な細胞モデルを用いて、血管形成を動態学的に測定

特徴

すぐに使える細胞モデル

2種類の凍結保存された96wellヒト共培養アッセイキットから選択可能。(PrimeKit HUVEC+ヒト皮膚線維芽細胞、または幹細胞キットの内皮コロニー形成細胞+脂肪細胞由来間質細胞)

全自動で画像を取得・解析

Follow tube formation in real time for up to 2 weeks via fluorescent quantification of GFP-labelled endothelial cells

動態学的な観察結果

GFP標識内皮細胞の蛍光定量化により、血管形成を最長2週間にわたってリアルタイムに自動観察

血管形成と血管破裂を定量化

血管形成阻害の調査や、投与が構築されたネットワークに及ぼす作用の検討。血管新生促進薬および抗血管新生薬の定量化

データ例

データ例

PrimeKit HUVECとヒト皮膚線維芽細胞との共培養モデルにおいて、血管内皮増殖因子(VEGF)により誘導された濃度依存的な血管形成。左上:VEGFにより誘導された血管形成の全時間的経過。右上:マイクロプレートの視点から捉えた96wellアッセイのレイアウトとプレート上の一致性。60時間後にVEGFを添加。横軸:時間(h)、縦軸:血管長(mm/mm2)。左下:時間的経過データの曲線下面積解析。VEGFの濃度-反応曲線(ピーク時血管長に基づく)と、アバスチンによるVEGF(4 ng/mL)誘導性血管形成阻害(ピーク時血管長に基づく)。右下:VEGF(4 ng/mL)により誘導された血管構造の画像の例。

Full time-course of VEGF induced vascular tube formation

Microplate view to show 96-well assay layout and on plate consistency

Area under curve analysis of time-course data

Example image of VEGF

StemKit内皮コロニー形成細胞+脂肪細胞由来間質細胞モデルにおける、VEGFにより誘導され構築された血管の濃度依存的な破裂。左上:コンブレタスタチン(96時間後に添加)およびスラミン(100マイクロモルを96時間後に添加)が、VEGF(20 ng/mL)により誘導され構築された血管に及ぼす作用の時間的経過。右上:マイクロプレートの視点から捉えた96wellアッセイのレイアウトとプレート上の一致性(VEGFは0時間後と96時間後に添加、被験薬は96時間後に添加)。横軸:時間(h)、縦軸:血管長(mm/mm2)。VEGF(20 ng/mL)単独(左下)および微小管破壊薬コンブレタスタチン(3 nM)の存在下(右下)のIncuCyte蛍光画像。

Time-course for the effect of combretastatin

Microplate view to show 96-well assay layout and on plate consistency

IncuCyte fluorescent images for VEGF

presence of the microtubule disrupting agent, Combretastatin

技術資料

技術資料

No file selected
0%
Stay up-to-date with what's happening at Essen BioScience

© 2020 Essen BioScience

Privacy Policy