Menu

アプリケーション

トランスフェクション効率

GFP/RFPコンストラクトを用いて、遺伝子トランスフェクションの効率と時間的経過をモニタリングし、定量化します。

特徴

特徴

試薬を最適化

GFP/RFPタグ標識コンストラクトを用いて、さまざまなトランスフェクション条件(例:陽イオン性脂質試薬、DNAの量、曝露時間、血清の存在)での発現の効率と時間的経過を容易に比較します。

さまざまな組織培養容器に対応

Tフラスコ、マイクロプレート、ディッシュのいずれかを使用します。低倍率から高倍率まで(4倍、10倍、20倍)対応しています。培養容器の複数の領域の画像を取得し、空間的なばらつきを明らかにして、細胞分布を最適化します。

細胞のコンフルエンスとセルヘルスをモニタリング

トランスフェクションを行う前に、細胞コンフルエンスを正確に評価し、細胞トランスフェクションの方法を標準化することができます。トランスフェクション後は、ラベルフリーの位相セグメンテーションを用いて、試薬がセルヘルスに及ぼす作用をモニタリングします。

発現強度をモニタリング

ヒストグラムを用いて、トランスフェクトした細胞のGFP/RFP強度の分布をモニタリングします。

データ例

データ例

左上:NucLight GreenレンチウイルスをトランスデュースしたA549ヒト肺がん細胞における、核内GPF発現の時間的経過。横軸:時間(h)、縦軸:蛍光物質数(mm2当たり)。右上:IncuCyte®により、NucLight GreenレンチウイルスをトランスデュースしたA549細胞のHD位相差像と緑色蛍光画像を一体化(48時間後)。核限定的であることと、GFPが均一に発現していることに注目してください。細胞へのNucLight Greenのトランスダクションは滴定可能(左下:A549細胞、右下:HUVEC)で、トランスダクション効率はポリブレンで上げることが可能(左下:A549細胞)。

Time-course of nuclear GPF expression in A549 human lung carcinoma cells transduced with IncuCyte® NucLight Green lenti- virus

IncuCyte® blended HD-phase contrast and green fluorescence image of A549 cells transduced with NucLight Green lenti-virus

Note nuclear restriction and homogenous expression of GFP. Transduction of cells with NucLight Green is titratable

transduction efficiencies can be enhanced with Polybrene

技術資料

No file selected
0%
Stay up-to-date with what's happening at Essen BioScience

© 2020 Essen BioScience

Privacy Policy